全記事数:001
  • 2017.11.24

2017年11月16日マネジメントゲームMG(MG研修)セミナーを行いました

「もう一度やりたい!」「リベンジしたい!」というお声をいただいた、「マネジメントゲームMG(MG研修)」セミナーを先日開催しました。

 

“マネジメントゲームMG研修”とは、ソニーが開発した経営者育成研修で、ソフトバンクの孫正義社長はMGの愛好者として知られています。

 

研修やセミナーという言葉をきくと、講師の話を聞いて勉強するようなイメージを持たれるかと思いますが、この研修はボードゲームのような形で、ひとりひとりが社長になり、会社経営を疑似体験します。

 

MG研修の一番大きな特徴は、「ゲームを通じた経営体験」ができること!

体験することで自ら気づくこと、そして「課題を認識する」ことができるため、どんな立場の人でも、その人なりに経営感覚に「気づく」ことができます。

 

 

今回は、リベンジもかねてご参加くださったMG研修経験者のお客様と、MG研修初体験のお客様含めて15名の方がご参加くださいました。
お忙しい中貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございます。

 

セミナーの様子はというと、MG研修を経験したことがあるお客様がいらっしゃったおかげか、終始笑顔がみえる和やかな雰囲気の中で進めることができました。

 

 

 

 

MG研修上のルールで、価格を競り合うことがあるですが、「そんな価格を提示されたら勝てないよ!」と、笑いながらも悔しさが滲み出ていたり、時折冗談を交えながら笑いあっていたり、まさにMG研修の良さでもある、ゲームを通して擬似経営を楽しんでいただけました。

 

 

 

MGの愛好者であるソフトバンクの孫正義社長が、「私の話を聞くより、MGを100期分やった方が良い」とおっしゃったことで話題になったMG研修ですが、MG研修を実際に体験すると、この言葉がより納得できるかと思います。

 

ゲームのように楽しみながら経営の難しさ、コツを実感していくとともに、経営に必要な数字を感覚でわかるようになる本当に貴重な体験です。

経営に携わることが少ない方でも、会社がどのように動いているのかという流れや、どのようなことが利益につながるのかということを、感覚でつかむことができます。

 

また近々、福島会計でお客様向けのMG研修の開催を予定しておりますので、ご興味がある方、ぜひご参加をご検討ください。

Facebook 税理士法人福島会計をフォローする

トップへ