Hi-presents株式会社

鈴木香織様(左) 鈴木宏明様(中央) 福島美由紀氏(右)
エイチアイ-プレゼンツ㈱、代表取締役の鈴木宏明氏は、2006年7月に株式会社 を設立し、税理士法人福島会計と顧問契約を結んだ。税理士法人福島会計の「起業家応援サポート」を受けた鈴木氏の会社は、この4年間、順調に業績を伸ばしている。 「福島氏のアドバイスのおかげで、自信をもって事業計画を実行に移せた」と語る鈴木氏に、くわしく話をお聞きした。

Hi-presents株式会社(エイチアイ-プレゼンツ)について

東京都北区にあるエイチアイ-プレゼンツ㈱は電話端末設備の運用補修を主な業務として、東京都内と都心近郊を中心にエリアを拡大している。鈴木氏は、 2003年に個人事業をスタートし、2006年に株式会社を設立した。平均売上は年間8000万円、4年目(2010年)には売上が一億円を超えた。
 
(※)本社:北区神谷 事務所:北区赤羽 社員 約5名、契約社員 1名
(※)資本金:100万円・年間売上:平均8000万円、2010年の売上:一億円

Hi-presents㈱が税理士法人福島会計に頼んでいる仕事について

鈴木さんは税理士法人福島会計にどのような仕事を依頼していますか。

税理士法人福島会計と顧問契約を結んでから、4年間、財務諸表とキャッシュフロー計算書、そして経営診断のデータをもとに、経営に役立つアドバイスを3ヶ月に一度いただいています。
顧問として、お願いしている仕事について、こちらの表にまとめます。

2006年に株式会社を設立されたとき、まずどのようなサービスを依頼しましたか?

最初に「経理業務立ち上げサポート」を依頼しました。経理は妻が一人で担当していて、パソコンに不慣れな妻が一人で経理をこなすのは大変だろうと考え、プロのサポートをお願いしました。

次にお願いしたのは、「起業家応援サポート」です。早いうちに経営についてプロのアドバイスをいただきたいと考え、設立したあとすぐに申し込みました。私の事業計画をもとに予測し緻密な計画を立て毎月データを検証し、よいところは伸ばし問題点があればそのつどアドバイスをいただきました。決算の2ヵ月前に事前予測会議を行ったので、ゆとりをもって決算を迎えることが出来ました。

顧問契約から4年が経ち、現在、主に頼んでいる仕事はどのようなものでしょうか。

「ミーティングルームにて」 鈴木様(左)、福島氏(中央)、原田氏(右)

試算表を年4回、キャッシュフロー経営の相談と経営診断を合わせて3か月に一度、データをもとに税理士法人福島会計でミーティングをしています。

私は、このミーティングを非常に楽しみにしています。なぜ楽しみかというと、決算書とともに作っていただいている「経営診断書」には、社員みんなの努力がしっかりと映し出され、成長している姿が見えるからです。

「月次決算書」「決算報告書」「経営診断書」などのデータをもとに、3ヶ月間を振り返り、現状を把握し、そして次の3ヵ月の予測をして先々の計画を立てています。福島さんのアドバイスがあると、自信を持って事業計画を実行に移せます。

そのほかにも、会計全般の業務代行・相談、税務業務の代理申請、書類作成と申請、消費税の申請など、法的な手続き全般をお願いしています。人事のことで福島さんに相談したときには、腕のいい社労士さんを紹介していただき円満に解決できました。これからも困ったことがあったら、まず福島さんに相談しようと思います。

現在では税理士法人福島会計は、なくてはならない大切なパートナーであり、強力な社外ブレーンとしてわが社の成長を支えていただいています。初めての会計事務所で満足のいくサービスを受けられて、私は幸運だと実感しています。

どうやって会計事務所を選んだのか

鈴木さんは、会計事務所をどのように選んだのですか。

王子駅前を歩いていた時、みずほ銀行の隣のビルに税理士法人福島会計があるのを見かけ、「自宅から近いし、ちょっと立ち寄って相談してみようか」と思いました。しかし、いざビルの入口に行くと、税理士の先生方はお堅い方が多いのかなと言う先入観があって、そのまま家へ帰りました。

帰宅後、経営者はどのように会計事務所をみつけているのか知りたくて、インターネットで調べました。「北区」「会計事務所」のキーワードで検索したら、1番上にヒットしたのが税理士法人福島会計でした。さっき、入ろうとしていた事務所だったので、なんとなく運命的なものを感じ、ホームページをじっくり読みました。福島さんは、優しそうな方だったので、電話をかけてカウンセリングの相談を申し込みました。

最初に訪問したときの、税理士法人福島会計の印象はどうでしたか。

いい意味で、今までの先入観が吹き飛びました。会計事務所のドアを開けたら、スタッフのみなさんが仕事の手を止めて、さっと起立して「いらっしゃいませ」と元気な声で迎えてくれました。これには感激しました。スタッフみなさんが丁寧で明るく、感じのいい接客がきちんと身についていて、好感を持ちました。

初めて訪問したとき、税理士法人福島会計にどのようなことを相談しましたか。

福島さんに初めてお会いした時、「7月に株式会社を設立したばかりなので、何をどう相談していいのかわかりませんが、とにかくアドバイスを受けたい」と、話しました。福島さんは会計業務と節税、助成金、支援金の事、設立した会社にとって、これからやっておくと有利な経営法について、わかりやすく説明をしてくれました。

福島さんは、わが社にとって得になる話を勿体付けずにどんどん話してくれるので、頼りがいのある人だなと思いました。物腰は優しいが、的確でわかりやすい話し方が気に入りました。信頼できる方だというのは、このときお会いしてわかったので、契約条件とサービス内容などを検討し、一週間考えて、2回目の訪問の時に顧問契約をお願いしました。3度目の訪問の時には、妻と二人で事務所にうかがって、「経理業務立ち上げサポート」を受けました。

「経理業務立ち上げサポート」を受ける前と後、経理業務はどのように変わりましたか

初経理を担当されている奥さまの香織さんに質問です。今回、「経理業務の立ち上げサポート」を受けて、どのような感想をお持ちですか。

ほんとうに助かっています。経理のことは社長(夫)から任されているのですが、私はエクセルの集計に電卓を使うほど、パソコンが苦手です。福島さんもそのことをよく理解してくれて、私のためのお助けサポーターとして原田さんを担当につけて、万全のサポート体制を作ってくれました。

原田さんは私の会計業務を、定期的に手伝ってくれて、わからないことがあれば親切に教えてくれます。個人事業をしていた3年間は、自己流で弥生会計を使っていたのですが、勘定項目の振り分けがよくわからなくて、入力ミスがありました。今は、原田さんがそのミスをちゃんと見つけて、正しい数字に直してくれています。

しかも、自己流でやっている私の癖を見つけて、使いやすいように弥生会計ソフトをカスタマイズしてくれました。おかげでミスも少なくなり、スムーズな経理業務を行えるようになりました。

担当の原田さんに質問です。経理業務のサポートの流れはどのようになっていますか。

経理業務サポート担当の原田です。毎月の経理業務の流れを説明します。

(1)鈴木社長による「出納帳」の記入 ※社長は得意なエクセルで、ほぼ毎日入力されます
▼▼▼ (2)奥さまが「出納帳」を「弥生会計」に入力 ※奥さまが社長のデータとレシートと参照しながら毎日記入
▼▼▼ (3)「弥生会計」のデータと、レシートを私がお預かりし、検証します。
※データとレシートの検証は、毎月行っています。
※試算表を作成(仕訳帳から総勘定元帳へ転記の検証)
※財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー等)
月次決算書、決算報告書、経営診断書に反映します。
▼▼▼ (4)さらにこのデータを福島が分析し、3ヶ月ごとのミーティングのときに、経営に役立つご提案をさせていただいています。
私がお手伝いさせていただいた月別のデータを、鈴木様ご夫妻はとても楽しみにしてくださり、ミーティングを心待ちにしてくださっているのが、私にとって大きな励みになっています。これからも、尚一層努力を重ね、喜んでいただけるよう精進していきます。

税理士法人福島会計を選んで良かったこと
「経営に役立つ3つの報告書」

税理士法人福島会計に依頼して良かったと思うことお聞かせ下さい。

サービス品質がすばらしいことです。税理士法人福島会計は、プロの目を通してデータの裏付けと検証を行い、今後の提案まできちんと示してくれるので助かります。なぜかというと、社内会議の時に、自信を持って会社の方向性を示すことができるからです。正確なデータの裏付けがあると、社員も納得してくれますし、やりがいと目標を持って仕事をしてくれるようになりました。

ミーティングのとき、福島さんと原田さんが、わが社のブレーンとして、熱意を持って取り組んで下さっているのが伝わってきますので、私はこの会議をいつも心待ちにしています。この後、3つの報告書を会社に持ち帰り、社内での会議に活用しています。この報告書については、次にまとめます。

1.「決算報告書と月次決算書が、わかりやすい」

決算報告書と月次決算書は10月、1月、3月、6月の年4回、いただいています。※このデータに基づき、わが社にはどのくらいの力が備わっているのか、そしてこれからどれくらい攻めていけるのかを判断しています。
税理士法人福島会計は、この決算書を徹底的に分析して、わが社の強みと弱みを明確にし、強みを伸ばし、弱みを改善する方法を一緒に探してくれます。そこが私にとって、心強いところです。
(※)この書類によって一人当たりの付加価値、総資本の回転日数、経営安全率、経常利益増加率などがわかります。

2.「経営診断書で、自社の財務体質が見える」

「経営診断書で、自社の財務体質が見える」 この経営診断書は、儲かる仕組みをつくるためにとても役に立つと思います。福島さんの「経営診断書」は、会社の財務体質を10段階に分けて分析しています。わが社は、最初レベル6で、4年後にレベル8に上がりました。年4回のミーティングを4年間続けた結果、財務体質を強くする方法がしっかり身につきました。自社の体力を把握できれば、無理のない計画を立てられますから、今後もこの経営診断を定期的に受けて経営に役立てていきます。

3.「キャッシュフロー経営のアドバイスが的確」

「キャッシュフロー経営のアドバイスが的確」 以前はエクセルを使ってキャッシュフロー表を自分で作っていましたが、福島さんのグラフは目からう ろこでした。自分で作っていた時はこれほど正確な数字を出すことはできませんでした。どこが違うのか比較してみると、福島さんの勘定項目は細やかで的確、必要な項目だけが整然と並び、無駄が無い。プロが作るとこうも見やすく、わかりやすいものができるのかと、本格的なグラフが出来たときは感激しました。前年度との比較、問題点の改善の有無など、重要なデータのセルに色が付いているので、後から数字を探すときも楽です。

4.「未来会計があれば、余裕をもって決算を迎えられる」

福島さんと一緒に事前に決算予測の会議をしているので、決算の締め切り前に慌てることなく余裕を持って決算を迎えられます。『いくらまでの設備投資ができますよ』、『保険に入るなら、今がお得ですよ』といったアドバイスを前もっていただいています。消費税は、会社設立して2年目までは控除されますが、3年目からは大きくのしかかってきます。設立当初から消費税対策を立て、『消費税用に別口座を設けて、消費税に備えておくといいですよ』とアドバイスいただきました。3年目を迎えて消費税の申告をするとき、初年度から対策をしておいてよかったと思いました。

経営の数字の面でも税金対策でも的確なアドバイスをいただけるので、依頼した仕事全般にわたって満足しています。さらに様々な悩みをなんでも相談できたことも、福島さんにお願いして良かったと思っていることです。立ち上げから1ヶ月後、人事の問題が発生したときも、福島さんに相談して「ワンストップサービス」を利用しました。法律に詳しい方がブレーンになってくれて、ほんとうに助かりました。

「ワンストップサービス」で、人事の問題が円満に解決

鈴木さんは、どのような人事のお悩みを福島さんに相談したのですか。

会社を設立してまもなく、一部の業務委託契約の社員への、クレームが発生し、業務態度の改善を、どのように交渉すればいいのか悩んでいました。社員なら、「ちゃんとやってくれよ」と言っても、それはそれで通る話なのですが、業務委託契約の人に、同じことを言うと、『管理下に置いた』ということになり、法律的に難しい問題が起こる可能性がありました。取引先からの信用にかかわる大事な問題なので早く解決したかったのですが、どのように話を切り出したらいいものかと、悩んでいました。

そのことを福島さんに相談したら『腕のいい社労士さんを紹介します。きっとすぐに解決できますよ』と、素早い対応をしてくれました。※
(※)社労士:社会保険労務士(労働関連法令や社会保障法令に基づく書類作成代行、労務管理や社会保険に関する相談・指導を行う職業)

社労士さんは業務委託契約の人事問題をどのように解決してくれましたか。

人事の問題に強い社労士さんを福島さんから紹介いただき、弊社の業務委託契約社員数名の勤務態度改善の交渉を手伝っていただきました。社労士さんは私の立場に立って、有利なアドバイスをしてくださったので、法律に基づいて、自信を持って話をすすめることができました。わずか一回の交渉で、問題は円満に解決できました。

あの時はほんとうに助かりました。これからも法律的なことでなにか問題が発生したら、早めに福島さんに相談しようと思います。一から労務士さんを探すのは大変ですし、やっと見つけた社労士の腕がいいのかどうかも、素人には判断できません。今回のことで、法律的な悩みごとは、専門家にサポートを受けると、交渉がスムーズで楽だということがわかりました。

信頼できる会計事務所を探している人へのアドバイス

現在、会計事務所を探している皆様に、アドバイスをお願いします。

●法人手続きをする前に相談すれば、もっと有利な助成金支援が受けられます 私の場合は、会社の設立日をどうしても妻の誕生日にしたかったので、助成金や支援金の得策があることをすっかり忘れていました。福島さんから設立の前にやっておくと有利な方法を教えていただき、会社の法人手続きをする前に福島さんに相談すればよかったと思いました。ですからもしこれから起業し法人手続きをされるのでしたら、登録申請を提出する前に助成金と支援金について信頼できる会計事務所に相談して有利な方法を活用してください。

●まずは、事務所に足を運びました いい会計事務所を探すといっても、インターネットではたくさんありすぎて、迷われている方もいるのでないかと思います。私は自宅から近いところに絞って、直感で選んだので、参考になるかどうかわかりませんが、まず、いいと思う会計事務所の候補を絞り込んだら、事務所に行ってみることをおすすめします。

●明るい雰囲気、清潔感、居心地の良さ、セミナーの有無が決め手に 実際に行ってみると、いい事務所かどうかよくわかると思います。雰囲気が明るく清潔感があって居心地よく感じたら、相談してみるといいと思います。会計事務所を選ぶとき、有益なセミナーを積極的に開催しているかどうかも判断基準になるのではと思います。数字に強い経営者の方も、たくさんいらっしゃると思いますが、私の場合は、税理士法人福島会計でプロの仕事を拝見し、おおいに学ぶこところがありました。福島さんは「経営者のためのセミナー」を定期的に主 催しているので、できるだけ参加しています。

●顧問料は、サービス品質と費用対効果を重視しました 顧問料に関しては、あまりにも低価格の会計事務所は選択肢から外しました。なぜかというと「親身になって仕事をしてくれるのか」、「後から別料金を請求されるのでは」、という不安があったからです。税理士法人福島会計は、料金が明確でしたし、アドバイスを受けると会社の業績が上がるので、得られた利益と照らし合わせるとかえって安く感じました。

●『経営の羅針盤』は、きっと見つかる いい仕事をしてくれる会計事務所が見つかったら、経営者にとってラッキーなことだと思います。

私は、税理士法人福島会計を見つけたとき、性能のいい羅針盤を見つけたような気がしました。羅針盤がしっかりしていれば暗闇でも方向が分かる。進むべき方向が分かれば、不況の続く時代も乗り越えられる。そんな予感がありました。サービス品質、安心感、信頼感、清潔感、居心地の良さ、価格、そしてセミナーなどの有無を照らし合わせて比べてみると、いい会計事務所が絞り込めるのではないでしょうか。あとは、経営者の方の直感を信じて選べば、きっと相性のいい会計事務所と出会えると思います。

今後の期待と評価

顧問契約から4年を経て、税理士法人福島会計への評価はいかがですか。

この4年間、親身になって、わが社のことを大切に育ててくださったことに、心から感謝を申し上げたい。わが社のために、一生懸命になって動いてくれる姿を見て、最初に税理士法人福島会計を選んでよかったと実感しています。サービス品質、安心感、信頼感、価格などを総合的に見て、非常に満足しています。

私も、福島さんと原田さんに心から信頼を置いています。いつも顔と顔を見て、話ができるし、電話での質問にも素早く、的確にこたえてくれて、ほんとうに助かっています。お願いしたことはすぐやってくれますし、親身になってくれるところが、うれしいです。いつもありがとうございます。

税理士法人福島会計への今後の期待をお聞かせください。

今までの契約に加えて、中・長期的な事業計画の立て方についてもアドバイスをいただきたいと考えています。長期的に会社を強くするには、どうすればいいのか、核心をつく提案をいただけるものと期待しています。福島さん、スタッフのみなさん、今後ともどうぞよろしくお願いします。

トップへ