資金繰りサポート

キャッシュが手元になければ、
黒字でも倒産します

クラウド会計の導入や資金繰り表、キャッシュフロー計画書を作成することで、「お金の流れ」を見える化し、銀行融資や補助金獲得のご支援をします。

このようなお悩みがある経営者様はご相談ください

売掛金の入金が遅れていて、買掛金の支払いが遅れそうだ

追加融資を取引銀行に断られたのだけど、どこに相談すればいいか分からない

補助金を利用したいけど、手続きや書類作成するのが面倒くさそう

会社の資金繰りが苦しいので、返済額の減額をお願いしたい

開業資金の元手が足りないので、銀行から融資を受けられないか知りたい

半年後のキャッシュがどうなっているのか、いつも不安に思っている

資金繰りで変わる2つの大きなメリット

01 お金の流れの見える化

お金の悩みを解決、本業に専念が可能に

利益がお金で残るのが強い会社です。でも実際は、利益がそのままキャッシュではないので、常にお金の不安があるのが経営者です。
福島会計はご一緒に、まずは社長の夢の実現に向けて目指すビジョンを言語化し、未来の会社の姿を具現化します。私達は社外CFOとして、社長がお金の悩みから開放されて本業に専念できるように貢献致します。
クラウド会計を導入することや、キャッシュフロー計画書を策定することで、「お金の流れ」が見えてきます。漠然とお金が足りなくなるのでは、や、設備投資をしたいけどいくらまで借りられるのだろう、などの不安から解放されて、経営の意思決定に必要な情報をタイムリーにつかむことが可能になります。

02 資金繰り皆瀬院

御社に合った資金調達をスムーズに

会社が発展していくために、または事業の状況が悪くなっているので何とか挽回しなければ、というときに資金が必要になるときがあります。
会社のビジョンが明確であれば、どの時点で資金調達しなければいけないか、ということがはっきりします。
いざ資金調達というときに、福島会計は金融機関との太いパイプと、経験豊富な補助金申請の実績から、御社に合った資金調達をスムーズに進められます。
そのときに必要になる事業計画書や資金繰り表、補助金申請書の作成支援をさせて頂きます。

福島会計だからできること

金融機関との太いパイプ

金融機関との太いパイプ

金融機関が事務所に出向いて相談に乗ってくれますし、交渉には私達も同席します。それによりスムーズな融資実行がなされます。

経済産業省認定支援機関の弊社が補助金申請まで対応

経済産業省認定支援機関の弊社が補助金申請まで対応

認定支援機関として、創業補助金やものづくり補助金等の採択実績が多数あります。

キャッシュフローコーチがお金の流れを見える化

キャッシュフローコーチがお金の流れを見える化

お金の流れを明快に言語化、数字化する手助けをします。それによりお金のモヤモヤから解放され、本業に専念できるようになります。

トップへ