国際税務の知識の有無が海外進出の成功
もしくは日本でのビジネス成功を左右します

海外取引がある会社は、一般的な会計事務所では対応が難しく、海外税務の高度な知識と経験が必要になります。
国際税務に対応したアドバイス、税務書類の作成等はもちろんのこと、海外進出したい日系企業のサポート(アウトバウンド)、外資系企業で日本に進出したい企業のサポート(インバウンド)を行います。

このようなお悩みがある経営者様はご相談ください

販路拡大のために海外に進出したいと考えているけれど、どのような形態で進出するのが最善か分からない

海外取引を行う場合にどのようなところに税務リスクがあるのか分からない

海外で既に起業しており、日本に進出したいけれど、海外取引が多いため国際税務に強い税理士が見つからない

日本に進出する際にお金の管理を任せられるスタッフがいないので、請求業務や支払業務まで経理業務を全て丸ごと依頼できる信頼のおける業者を探している

定期的に経営会議を行っているが、会計数値を踏まえながら話すことができていない

海外進出先の信頼できる会計事務所を探したいが、どのように探せばいいか分からない

福島会計だからできること

Total Support

国際的なネットワークでトータルサポート

所長の福島は一般社団法人国際会計コンソーシアムの理事を努めており、豊富な経験・人脈で現地の会計事務所と密に連携を取りながら海外法人設立などの海外進出をサポートします。

Outsourcing

信頼できる業者に経理をまるごとアウトソーシング

弊社では通常の税務会計業務や記帳業務のみならず、請求書発行業務、売上管理、債権管理、支払業務などの一連の業務を丸ごとアウトソーシングすることができます。

Advice

豊富な経験で国際税務のアドバイス

国際取引を行う場合には、通常の税務以外に、消費税や移転価格税制などの特殊な判断を要するケースが沢山あります。こうした問題も豊富な経験を持つ福島会計で解決します。

国際税務に関する2つのサービス

01 Outbound business

アウトバウンドビジネス

ビジネスのスピードは日々進化しており、中小企業もグローバルな舞台で活躍して競争力を上げていくケースが当たり前となってきました。しかしながら、未だ会計ルールや税務ルールの違いや商慣習の違いが海外進出の大きなハードルとなっていることに変わりありません。福島会計ではこういったハードルを少しでも下げることができるよう、中小企業の海外進出を全面的にサポートしています。
具体的には、各国の会計事務所とのネットワークを利用して、進出先で必要な情報の提供、会計事務所の紹介、実際に海外進出する際の方法に関するトータルアドバイスなど、サービス内容は多岐に渡ります。今後の展開を見据えた上でどの国に、どのような方法で進出するのかを最初に検討することは非常に重要です。支店を出すのか、支社を出すのか、現地のパートナーを見つけたほうが良いのか、資本となる金額をいくらとして、どのくらい現地拠点にお金を残るようにすればいいのか、こういった検討事項は日本の税制や各国の税制、商慣習等踏まえて総合的に判断する必要があります。福島会計ではこのような事項を経営者の方が総合的にバランスよく判断できるよう、様々なソリューションの提供を行っています。

02 Inbound business

客観性と説得性を担保した会議運営を

成熟した日本経済の中でも、インバウンドビジネスはまだまだ需要が大きく、2020年に向けた外国人向けサービスや観光業が発展していく中、海外資本のスタートアップ企業が日本拠点を作る、もしくは日本で起業した経営者の方が逆輸入で日本拠点を作るなどのケースも多くなってきました。
そのような場合にまず大事になってくるのは、アウトバウンドのケースと同じく、どのような形態で日本拠点を作るか?ということです。どのような形態で日本拠点を作るかで、そのあとの日本国内でのビジネスのやり易さに影響します。福島会計ではこういったインバウンド事業での初期段階でのアドバイスのみならず、会社設立および支店設立サポートはもちろんのこと、口座開設など日本でビジネスをスタートするにあたり必要なことをトータルでサポートいたします。
また、拠点設立後もお金周りのバックオフィス部分を任せられる人材を採用することは難しいことであり、本業がある程度落ち着くまではバックオフィス業務をアウトソーシングするニーズも近年非常に高まっています。こういったニーズに応えるため、福島会計では請求業務や支払業務、債権債務管理業務などを請け負う経理代行サービスも提供しています。

安心してアウトバウンド・インバウンドに取り組むために

様々なビジネスリスクを軽減し、事業の継続をサポート

上記でアウトバウンドのケースとインバウンドのケースでそれぞれサービスの詳細を述べてきましたが、いずれに共通していることは、クロスボーダーのビジネスを行う場合であっても、経営者が安心してビジネスを展開できる土壌を提供することが私たちの使命という考えがベースになっていることです。
事業展開をする上でリスクはつきものであり、増してや言葉も文化も異なる場所で行うことはリスクを更に大きくします。そのリスクをゼロにすることはできませんが、どのような場合にどのようなリスクが生じ、またそのリスクが発生する可能性はどのくらいなのか、そういった情報を知った上で経営判断をするのと知らずに判断するのとでは、その後の事業進展に大きな影響を及ぼします。
福島会計では、単に目先の事業展開だけを考えるのではなく、長い目で事業が存続できるよう、税務リスクを始めとする様々なビジネスリスクに関して長年の経験からお客様にアドバイスすることができます。一方でビジネスを安心して行うための基盤を提供することで、アウトバウンド事業およびインバウンド事業が今後ますます発展していく潤滑油としての役割を担っており、結果として日本経済の発展に寄与していると信じています。

トップへ